フラッシュ脱毛の仕組み|肌への効果やトラブル・副作用は?

はじめに

優衣

はじめまして!

アラサーOLの優衣です!
いつかは脱毛したいと考えてますが脱毛って分からない事ばかり…。
脱毛サロンもあるし、病院でも最近では家でも脱毛出来るし…
しかも脱毛機械の種類も違うらしい!
主にフラッシュ脱毛・レーザー脱毛があるらしいけど…効果や期間はどうなのかな…などと疑問が出てきます。

 

そこで今回は、私が独自で調査したフラッシュ脱毛とレーザー脱毛の違いについて、考えてみたいと思います!このサイトが脱毛サロンやクリニック選びの参考になれば幸いです!

 

目次
 

フラッシュ脱毛とは?レーザー脱毛と違い

 

フラッシュ脱毛の効果が出る回数とは?

 

フラッシュ脱毛で肌トラブルや副作用はないの?

 

フラッシュ脱毛を病院・自宅・脱毛サロンでやるメリットとデメリット

 

まとめ:まとめ:各メリットとデメリットをみて自分にあった選択を!

フラッシュ脱毛ってなに?レーザー脱毛と違うの?

 

脱毛サロンではフラッシュ脱毛を行っています。
フラッシュ脱毛といっても、施術方法は2種類あり、IPL方式SSC方式に分けられています。

 

IPL方式(Intensive Pulse Light)

インテンス・パルス・ライトと呼ばれる光線を、毛根や毛、周囲の細胞組織に照射。
その熱エネルギーによって、ムダ毛の再生能力を劣らせる脱毛の仕方をIPL方式と呼びます。IPLは黒いメラニン色素に反応する性質があるので、その性質を利用してムダ毛を脱毛。現在の脱毛サロンで、最も一般的に行われているのが、このIPL方式のフラッシュ脱毛です。

 

SSC方式(Smooth Skin Control)

スムース・スキン・コントロールを略したSSC方式と呼ばれる脱毛法も、サロンで行われているフラッシュ脱毛の一種です。ビーンズジェルと呼ばれる特殊なジェルを脱毛したい箇所に塗り、クリプトンライトという光を照射して脱毛。
美肌効果も得ることが出来る脱毛法として知られますが、まだ一部のサロンでしか取扱いしていないようです。

 

 

フラッシュ脱毛とレーザー脱毛との違いは?

ドクター

クリニックで行われている、医療レーザーを使った脱毛の仕方をレーザー脱毛といいます。レーザーを使って、毛や毛根、周辺組織の細胞に働きかけて、発毛能力を劣らせるという方法なので、IPL方式のフラッシュ脱毛と原理的には同じです。
ひとつ違うのは、そのパワーの大きさ。医療レーザーは、ドクターの管理下で行われる、医療行為の一種です。大きな脱毛効果がありますが、強いレーザーを使用するので、痛みや皮膚トラブルなどの多少のリスクも発生します。そのため、医療従事者がいる場所でなければレーザー脱毛はできないと、法律上定められているようです。

レーザー脱毛、フラッシュ脱毛以外にも何かあるの?

針

脱毛方法で一般的なのは
  • レーザー脱毛
  • フラッシュ脱毛
  • ニードル式脱毛

になります。
ニードル式脱毛と呼ばれる施術方法。聞いたことがある方もいるのではないでしょうか?
毛穴に直接、針を刺し、電流を流して毛母組織を刺激して発毛しにくくさせる方法ですが、これがとても痛い!脱毛効果が非常に高いのですが、あまりに痛いことと、衛生的な面から、今ではあまり積極的には実施されていません。一昔前は、脱毛といえばこのニードル式だったことから、脱毛=痛いという認識が広まったと考えられていますね。

 

 

まとめ:フラッシュ脱毛とレーザー脱毛との違い
フラッシュ脱毛とレーザー脱毛の原理はほぼ一緒ですが、扱う出力や効果、施術期間において違いが発生するようです。レーザー脱毛がしたい人は医療系のクリニック、フラッシュ脱毛がしたい人はサロンに行って脱毛をするという感じになりますね。

 

フラッシュ脱毛の効果が出る回数とは?

 

ボタン

脱毛サロンでフラッシュ脱毛したい!
でも、実際はどれくらいで効果が出るのか、教えてほしい!…脱毛しようとしている人は誰でも、早い脱毛効果を望みますよね。
カミソリや脱毛クリームでの処理はその場限りで終わるものですが、サロンのフラッシュ脱毛は、ある一定のルールや周期によって行われるもの。一度の脱毛で完了!というものでは、ありません。はたして、フラッシュ脱毛の効果が感じられるのは、いつ頃なのでしょうか。

 

フラッシュ脱毛は毛周期に合わせて行う脱毛処理だった!

フラッシュ脱毛は、毛や毛根、周辺組織に光を照射し、毛を生えにくくする脱毛方法です。
このフラッシュ脱毛…好きな時にいつでも出来るものではないってこと、ご存知ですか?
あるルールによって行わなければ、意味がないとされているようです。
毛の生え変わるサイクルを「毛周期」と呼びますが、毛周期は…

  • 成長期
  • 退行期
  • 休止期

の3つになります。
基本的に、退行期や休止期にはフラッシュ脱毛しても、効果は発揮されません。

 

脱毛効果があるのは、成長期にある時だけ。

成長期の毛は太く濃いため、フラッシュ脱毛の光が反応しやすいことも理由のひとつですが、毛が抜ける退行期や、毛が生えない休止期に実施しても、脱毛効果は得にくいのだそう。
毛周期を考え、毛周期に合わせて脱毛するため、待機時間が生じるのもフラッシュ脱毛の大きな特徴だということを、覚えておいてくださいね。

 

 

脱毛は12回〜18回の施術が効果的!
一般的には、フラッシュ脱毛の効果を実感でき、サロン通いが必要でなくなるまで、12回〜18回の施術を受けるのが平均だといわれています。

毛周期のサイクルはおよそ1〜2か月間。つまり、1〜2か月に1度、脱毛処理を行うことになります。1か月周期で最短1年、2か月周期の場合は、最長で3年間かかる計算になりますね。3、4回で効果が出た人も…

 

でも、この脱毛効果を感じるまでにかかる期間は、個人差が大きいのが現実です。
ワキだけの脱毛と全身脱毛では期間が異なるように、毛の質や体質も大きく異なります。また、どれくらいの仕上がりを望むかによっても、感じ方は変わってきます。数か月で効果が出た人から、3、4年でやっと効果が出た人まで、やはり個人差が大きいといえるのではないでしょうか。

 

まとめ:フラッシュ脱毛の効果が出る回数

効果を感じられるようになるまで、数か月から数年かかるフラッシュ脱毛。ただ、今まではそれ以上にカミソリやクリームを使って、脱毛処理をしてきましたよね。それを考えると、さほど長いとは言えないかも。長いと感じるか、短いと感じるかも、まさに人それぞれ…といったところでしょうか。

フラッシュ脱毛で肌トラブルや副作用はないの?

 

ボタン

数ある脱毛方法の中でも、比較的、肌に優しいとされているフラッシュ脱毛。サロンでの施術は、ほとんどがこのフラッシュ脱毛を採用しています。肌トラブルが少ないとされていますが、やはりいくつかの肌トラブルや副作用といった問題も発生しているようです。どんな事例があるのか、いくつか紹介していきたいと思います。

皮膚や毛穴に赤みが発生したケース

医療レーザーほどの威力はないにしても、毛穴や周辺組織の細胞にある程度のダメージを与えるので、時には毛穴周辺に赤みを生じるケースも発生します。
1〜2週間で赤みは治まりますが、痛かったり、腫れが続く場合は脱毛サロンに報告して、支持を仰ぎましょう。

 

火傷してしまうこともあるらしい?

炎

フラッシュ脱毛は、光が持つエネルギーを利用して、毛根部分に働きかける脱毛法です。照射するパワーを調節したり、皮膚に熱が籠らないようにするなど、いろいろな手段で防御策をとっていますが、時には火傷が発生してしまう場合もあるようです。肌質や皮膚の状態、当日の体調などにも左右されますが、原因として考えられるのは、

 

  • 冷却不足
  • ジェルを塗布するタイプのフラッシュ脱毛であれば、ジェルのムラ塗り
  • 照射パワーが強すぎた

などの理由が考えられます。火傷が生じた場合は、自分で何とかしようとはせずに、脱毛サロンに報告するのが先決です。感染症の心配もあるので、早急に対応してもらいましょう。また日焼けした肌や乾燥肌の人も火傷しやすいといいますので、施術を受ける前には、必ずスタッフに相談してくださいね。

 

皮膚が硬くなったり知覚障害が起きるのは副作用?

フラッシュ脱毛による熱や乾燥によって、一時的に皮膚が硬くなってしまうことがあります。ほとんどの場合は、脱毛処理を継続するうちに改善していくようです。

 

ただ、あまりにもガチガチになって明らかに異常だと感じる場合は、早めに脱毛サロンに相談する事をおすすめします。

 

また、脱毛時に感じる痛みや熱のせいで、施術後の皮膚が知覚過敏や感覚が鈍くなったという症例もあるようです。この場合は、一時的に皮膚がダメージを受けたものなので、自然に知覚異常は治まっていきます。皮膚もターンオーバーを繰り返しますので、その過程でほとんどが改善していくようです。
しかし、なにか心配事や身体の違和感があるようでしたらすぐに脱毛サロンのスタッフさんに相談するようにしてくださいね!

 

まとめ:ラッシュ脱毛で肌トラブルや副作用

安全だとされるフラッシュ脱毛でさえ、時は肌トラブルや副作用が発生します。万が一を考えて、そのような症例が出た時のサロンの対応を、前もって調べておく必要がありそうですね。

フラッシュ脱毛を病院・自宅・脱毛サロンでやるメリットとデメリット

 

るんるん

痛みも少なく、安全で効果的な脱毛方法として知られるフラッシュ脱毛。病院やサロン、脱毛器があれば家でも処理が行えますが、どこでやるのが最もよいのでしょうか。調べてみると、それぞれにメリットやデメリットがあるようです。

あなたなら、どこでフラッシュ脱毛しますか?

病院でフラッシュ脱毛をする場合は?

病院

安心度が最も高い病院での脱毛。何かトラブルがあっても、すぐにドクターの診察を受けることが出来るので、不安なく施術を受けられます。病院では完成度の高いレーザー脱毛をしている場合がほとんどのようですが、病院での脱毛のメリットとデメリットって何なのでしょうか。

メリット

  • 病院なので何かあっても安心
  • 脱毛の効果が他を圧倒している
  • 短期間の通院で完璧な脱毛処理ができる
デメリット
  • 費用が脱毛サロンと比較して多少高額

 

病院でフラッシュ脱毛

効果が高い分、痛みも強いらしい高度な技術で完璧な脱毛処理をしてくれる病院ですが、仕上がりの満足度が大きい代わりに、それに伴う費用や痛みがデメリットと考えられているようです。

 

 

自宅で脱毛器を使ってフラッシュ脱毛する場合は?

家

脱毛器さえあれば、いまや自宅でもフラッシュ脱毛が出来るようになりました。病院やサロンに通う手間もなく、気軽に脱毛できるイメージがありますね。

そんな自宅でのフラッシュ脱毛のメリットとデメリットは…?

メリット
  • 家で自分の好きな時間に処理できる
  • 他人に見られる恥ずかしさがない
デメリット
  • 見えにくい部分など、きれいに脱毛できない
  • 肌トラブルが起きやすい
自宅でのフラッシュ脱毛

やはり、自分でやる脱毛というのは限界があるようです。見えにくい場所の脱毛は難しいですし、出力調整がうまくいかずに肌トラブルを起こすケースが後を絶ちません。

 

脱毛サロンでフラッシュ脱毛をする場合は?

家

脱毛する場所として、最もポピュラーな感のあるサロン。雑誌やテレビなどで紹介されることも多く、何となく行きやすいイメージもありますね。またキャンペーン等により驚く程低価格で脱毛が出来る事があります。メリット・デメリットをを見ていきましょう。
メリット
  • キャンペーンなども豊富で費用が安い
  • 店舗数が多く、通いやすい立地の場合が多い
  • プロのエステティシャンによる脱毛なので効果的
デメリット
  • 人気があるせいか予約がとりにくい
  • 病院と比べると効果が低く、数年通わなければならないケースもある
脱毛サロンでのフラッシュ脱毛

脱毛サロンの強みはやはり価格が医療脱毛と比較して安いと言う事でしょう。破格の脱毛価格で世間を驚かせた脱毛サロンミュゼはその代表格と言えるでしょう。
ミュゼプラチナム探検隊【ミュゼの口コミや効果はどう?】のサイトでミュゼの情報も合わせてご覧下さい!

 

まとめ:フラッシュ脱毛を病院・自宅・脱毛サロンでやるメリットとデメリット
恥ずかしくて、絶対に他人に体を見せられない!という人は自宅で自己処理をするしか方法はありませんが、どうせ脱毛するならキレイな仕上がりを望みますよね。自分が何を最優先するかによって、フラッシュ脱毛をする場所を考えるのがベスト。期間なのか、仕上がりなのか、痛みの有無なのか、費用なのか…。あなたはどこで脱毛してみたいと思いますか?

 

 

 

まとめ:各メリットとデメリットをみて自分にあった選択を!


いかがでしたか?
同じフラッシュ脱毛を受けるのにもサロンやクリニック・自宅、と色々な選択が出来ますよね!
各メリットやデメリット・副作用等を理解したうえで自分にあった脱毛方法が見つかれば幸いです♪
このサイトでは随時フラッシュ脱毛についての最新情報を掲載していきますので、是非ご覧になってください!